週刊誌の宣伝広告、ゴシップ新聞、電信柱に配布された宣伝やDMで、「多重借金の整頓手伝います」「多重債務を一括化したくないですか」などといった広告を読むことがあります。このようなものは、「整頓人」「買取業者」「つなぎ屋」という名称の悪徳会社の広告のときがあったりします。利用したときには自己破産申請フローの中で一番大切な免責認定を得られない恐れもありえます。「整理業者」は、宣伝などで多重債務者をおびきよせ法外なサービス料を取り債務整頓を行うのですが債務整理はなされず、負債人はより一層の債務スパイラルに陥る場合がすべてと予想されます。「買取専門屋」の場合債務者のクレジットカードでデジタル用品、コンサートの券を多量に買い入れさせて負債人からそれらの商品を定価の30%もしくは額面半値で引き取るというやり方のようです。債務人は一時的には現金が得られますが、必ずカード企業から購入品の定価の支払いが届き、実際のところ借金額をアップさせるだけです。このケースではカード会社相手の犯罪とされて免責が受けられなくなります。「つなぎ業者」ではサラリーマン金融から拒絶されるようになった借金者に対し融通はしないでおいて、提供をする違う店を呼び出し、高額なサービス料を要求する業者です。紹介人は手の込んだ苦労でお金を貸し出し可能になったというふうにしゃべりますが何もせず、シンプルにルールの甘いルートを伝えているというだけです。この場合も実際のところ借金額を重ねる結末となります。